大原 三千院 初夏

大原 三千院 初夏


続いて大原の三千院に向かってみる。

三千院 三千院

三千院

普段は秋にしか来ることがないが、今回は新緑の季節に行ってみる。秋とは違って露店も緑をイメージしたような感じである。

駐車場は、三千院に近ければ近いほど高く、一番近い所は平日でも有料(500円)であった。その10メートルくらい下の無料の駐車場に停めて歩くことにする。

京都と言えば抹茶。抹茶関連のスイーツのお店が並ぶ。みたらし団子もいいが、夏はやっぱり冷たい抹茶スイーツがお勧めである。

三千院門跡までやってくる。今日は平日だが、修学旅行生や外国の方がかなり多かった。新型インフルエンザの影響でこれでも少ない方かもしれない。(参拝料 大人700円)

庭園を見ながらのんびりと。贅沢な時間である。

人がいなくなると本当に静かで心が落ち着いていくような感じになる。ただし、この時期は修学旅行のシーズンでもあるので、ひとたび団体が来ると相当騒がしくなる。(この時は団体が去った後)
空いてる時間を狙うなら、午前中の早い時間がお勧めと思われる。

ここには国宝、阿弥陀三尊像がある。日本最古の大和座りで有名とのこと。

ここもかなりの森林浴が楽しめる。もちろん晴れている日が必須であるが、意外と曇りの日でも、また違った表情を見せてくれそうである。

ここは初夏でも秋でも共にお勧めの場所である。今度は冬や春にも訪れてみたい。


関連情報

  1. 大原 三千院 紅葉


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

見出し部分

ウィジェットで指定してください。